テコンドー体験してみました!!


今回は「テコンドー立川道場」の師範方にお越しいただき、テコンドーを体験させていただきました。

テコンドーとは、朝鮮半島に伝わる古武術をベースに、空手など他の武術の技術と、東洋の倫理道徳を兼ね合わせた護身術のことです。「テコン」とは足で跳ぶ、蹴る、踏む、そして、拳で突く、砕くことを意味し、「ドー(道)」は人格形成を目的とした精神修養を意味しており、この2つが合わさった言葉だそうです。

「テコンドー立川道場」のホームページはこちらから


まずは、準備体操、柔軟運動、ステップ練習を行いました。

ステップ練習では、1・2・3・4とリズミカルに決まった方向へ腕や足を動かしました。

これがなかなか難しく、リズムを意識すると腕や足が動かなくなり、動きを意識するとリズムが崩れてしまい、まるで脳トレをやっているような気持ちでした。

そしていよいよ蹴り技の練習です。

最初はうまく当たらず、ミットに当てるのがやっとでしたが、徐々にコツを掴み、ミットにバチンと蹴ることが出来た時は、とても気持ちよく、きれいにできたという達成感を味わいました。

(※COVID-19感染症対策を行ったうえ実施しております。)

今回、素敵なご縁があり、テコンドーの師範の方々からのご指導を体験することが出来ました
ただご安心ください。別にこれを機会に当院での心臓リハビリテーションにテコンドーを導入しよう、というわけではありません。
蹴り技をメインにトレーニングをしていこう、という事でもありません。
 ※ もしそれを期待されていた方いたら、ごめんなさい・・・・そのような声が多い場合は要検討・応検討です(笑)

ただ、これは武道全般に言えることなのでしょうが、足腰がしっかりしていること、体幹が安定していること、関節の柔軟性を改善させること、などがそのトレーニングメニューに織り込まれていました。
これは武道以外での、普段の運動・健康増進の取組みにも十分活用できる動作・トレーニングメニューになると、自ら体験することによってしっかりと体感・理解することができました。

先日行いましたハンモックヨガと同様、今回の体験会を通して、体を動かすことの楽しさ・気持ちよさを、参加させてもらったスタッフが自身の身体をもって体感することが出来ました。
その体験や感触を、今後の心臓リハビリテーションにおける運動指導やアドバイスに活かしてまいりたいと思っております。
今後の、スタッフからの声掛け・アドバイスに、ご注目ください(テコン)。