今できる事を!!

八王子みなみ野CRCでは、2020年4月1日より新型コロナウイルス対策として、運動療法プログラムを一時停止することとしております。
ただ私たちは、これを単なる自粛・業務縮小とは捉えず、事態終息後の飛躍のために天から与えられた準備期間と捉え、今できる事に絶賛取組み中です。

下の画像は、普段は運動療法のインストラクター業務で忙しくしている健康運動指導士さんと、心肺運動負荷試験(CPX)の勉強をしている風景です。

空いた時間を有効に使って、実際の患者さんのデータも見させていただきながら、結果にどのような意味があるのか、何が分かるのか、実臨床の現場でこのデータがどのように活用されているのか、など、普段できない体験をいっぱいしてもらいました。

健康運動指導士の二人も、普段何となく捉えていたCPXの結果を生で解析する現場を経験し、外来で患者さんに医師から説明している現場にも立ち会い、結果をどのように今後の運動療法に役立てていけばよいのかなどについても、明確なビジョンをつかんでくれたようです。

運動療法再開後の、彼らの成長が楽しみです!!


また、感染対策として引き続き微酸性電解水が大活躍しております。
今は外来の受付ブースに巨大バズーカ―スタイルで設置し、スタッフだけでなく、来院した患者さんたちにも効果的に「浴びて」頂けるようにしています!