新入職スタッフからご挨拶! 理学療法士 小林琢

今年3月に入職しました、小林 琢(こばやし たく)と申します。現在、理学療法士11年目です。

私は6年間、急性期~回復期および訪問看護ステーションで働き,その後4年間は在宅診療所で訪問リハビリテーションに従事してきました。在宅では高齢心不全患者に関する研究を行い、今年大学院(老年学)を卒業しました。

私が八王子みなみ野CRCに入職しようと思った理由は、在宅で働く中で改めて学び直さなければならない課題が数多く出てきたためです。それは、大学院での研究および臨床場面を通して見えたものであります。八王子みなみ野CRCは急性期・回復期・生活期と一貫した流れの中に身を置くことが出来るため、それらの課題を解決する事ができるのではないかと感じました。それだけでなく、転職前に何度か施設見学に来させて頂いた時も、二階堂先生をはじめスタッフの皆様の雰囲気がとてもよかったことが大きな決め手となりました。

働き始めてまだ日が浅く、慣れないことも多々ありますが、業務に少しずつ慣れながら当院ならびに患者さんのために少しでも貢献できるように頑張りたいと思います。